« 2009年12月 | メイン | 2010年2月 »

2010年1月に作成された投稿

2010年1月31日 (日)

関西ハムシンポジウム2010 無事終了

本日(31日)「関西ハムシンポジウム」が無事開催され終了しました。

気にしていた天候はあいにくのrain模様ですが、オープンに向けて準備を進めます。

Img_1438

天気のこともあり来場者の動向を気にしていたのですが、会場オープン前から多くの来場者集まっていたので一安心。開催後すぐに、小ホールの「ジャンク市」は掘り出し物を探す人でいっぱいとなり身動きが取りにくいほどの混雑ぶりでした。

また、ジャンク市だけでなく同時時間帯開催の各講演・講座も楽しみにしていた皆さんでいっぱいとなっていました。

Img_1435

開催の終了時間まで多くの方がおられ大好評のうちに無事本年度の開催は終了しました。KANHAMにつぐ大きなイベントとしてしっかりと定着感が出てきた「関西ハムシンポ」 来場された皆さん、そしてイベントを支えるJARL兵庫県支部・大阪府支部のSTAFFの皆さん 本当にお疲れ様でした。

来場された皆さん 掘り出し物や新しい出会いがありましたか?

2010年1月19日 (火)

ステンレス棒を購入に「岩崎商店」

アンテナのアルミパイプを購入するのはホトホト困っていました。

ホームセンターで簡単に購入できる「アルミパイプ」は1mものが多くまた肉厚など希望するサイズに出会うことは少ない。また運良くサイズが合ってもいざアンテナとして使用すると柔らかく完全に強度不足で簡単に曲がってしまう。

よくよく調べると「アルミ」にもさまざまな種類があり、アンテナには「6063」と呼ばれる固いアルミ素材があるらしい。関東には「天野アルミ」というアマチュア御用達の有名なお店があるようで相談に乗っていただけるようだが、関西では送料や梱包手数料を考えると少量のオーダーには割高となってしまう。関西でもアルミを販売してくれるところは多くあるとおもうが、個人の小口販売のにも対応してくれるのか聞くのには勇気がいって躊躇していた。

さて今月末開催の「関西ハムシンポジウム」でイベント講師を担当していただくJE3RZT野添さんとイベント内容について打合せしていると、釣竿アンテナの素材の話で盛り上がりHPでしらべていた大阪市中央区にある非鉄金属板販売の「岩崎商店」に一度行ってみようかということになった。

A_image1_2 (岩崎商店HPより)

個人でも販売してもらえるのか少しドキドキしたが、対応していただいたお店の社長は気さくな方で「1本から販売しますよ」と気軽に応じてくれた。欲しかった4mmのステンレス棒(2m)や6063材のアルミパイプを1本購入したが、価格もとっても安かった。社長によれば、在庫がなければ翌日には納品できますからお気軽に電話してくださいと嬉しい言葉。取り扱いのアルミパイプ表をいただいたが今まで欲しかったサイズが今後は簡単に手に入りそうだ。

アンテナ工作の新しい道が広まってようで帰り道とっても嬉しかった。

2010年1月18日 (月)

1.9/3.5MHz釣竿アンテナ 大幅バージョンアップ中

先日話していました、釣竿アンテナ(1.9/3.5MHz)の上部エレメントについて大幅にバーションアップの試行中ですpunch

以前の性能はバッチリなものの、強度の弱さを感じていた2重パイプ方式の上部エレメントですが、やっと良い方法を思いつき、昨日さっそく製作してみました。思い立ったら、居ても立ってもいられないタイプなので・・・coldsweats01

P1000171

写真のように、約10mmの肉厚1mmのパイプ上部にある部品をエポキシで固定させ、内部に4mmのアルミ棒を入れています。

結果は!
まず、SWRのフラつき(動作の不安定)はほとんど感じませんshine共振ボトムで、SWR=1.1とぴったり固定しています。

アンテナの調整は、2本のナットを少し緩めて出し入れすればOK!2重パイプ方式と同じ感覚です。問題は、4mmのステンレス棒をどこで入手するか?3mmなら売っているのを見つけたのですが

これで、1.9/3.5MHz釣竿アンテナの大きな問題が一つ解決できそうです。

2010年1月17日 (日)

でんでんタウン電子工作教室(新春ミニ四駆大会)

いつもお世話になっている吉谷さんから「でんでんタウン電子工作教室」の案内が届いた。子供はすでに行く気満々up私もお手伝いに行こ~っと!

今日の教室は、ジョーシンスーパーキッズランドの6F特設会場。会場にはミニ四駆の2コースが設置されていて、子どもたちがいっぱいhappy01 吉谷さんにお会いすると、今日はなんと静岡のタミヤ本社からミニ四駆のSTAFFがかけつけているとのこと。すっご~いshine 息子のエントリーは午後の部だったので、いったん会場を出てハムショップめぐりや電子パーツを買いに出かけました。

Dvc00031

食事もすませて会場に戻ると、すでに午後の部の子どもたちでいっぱい。タミヤSTAFFのハキハキとした解説で早速ミニ四駆の工作が始まりました。子どもたちを見ていると、工作が全く初めて子どもや「MYミニ四駆」を持っている子供もいてレベルはさまざま。工作が終われば特設会場でのレース大会があるので、少しでもみんな早く走らせようと必死にニッパでバリをとっています。

約一時間の工作後、製作したミニ四駆でのレースが始まりました。今回は部品の交換や改造は一切なしでの大会。つまり参加者全員の条件はいっしょで、工作のウマさがスピートの差となります。レースは2人一組の勝ち抜き戦で決勝へと選出されていくのですが、さすがはタミヤSTAFFshineレースの実況が臨場感があってとってもカッコいい!

うちの子は、あっけなく一回戦負けでしたが上には上がいるという現実の厳しさを少し学んだようですhappy01

9M6ペディションチームを追いかける

いつもお世話になっている皆さんが、9M6東マレーシア(コタキナバル)へDXペディションに出かけています。クラスターを見ていると無事に運用が始まったようでコールしたいのですが、なかなか時間が合いません・・・。

せめて160mで交信しようと早起きしてクラスターをみると、9M6/JH3LSS宮川さんのレポートがshineこれはコールしなくては!まだ寝ていた長男を誘っていつものポイントへ移動に出かけました。

日が上がれば一気にコンディションはダウンするので、短時間で運用可能な釣竿+ATUのお手軽運用。早速準備にとりかかります。

Dvc00155

簡単なロングワイヤー設営なのですが、さむ~いpenguin手が凍りますbearing

やっと設営が完了して1.8MHzを受信すると、9M6/JH3LSSをコールするJAは聞こえるものの「ぶぃ~ん」というノイズが高くとてもコールできる状況ではない。自宅の7MHzのロータリーD.Pの方がよほどよく聞こえていましました。

寒さも重なって、早々の撤収と相成りましたcoldsweats01

2010年1月14日 (木)

4:1 アンテナバランを作る(続編)

昨年11月25日のブログ「4:1 アンテナバランを作る」の続きを紹介します。

結論からお伝えすると、オール兵庫コンテストで約40mのロングワイヤーと車のボディーアースでローバンドを運用しそれなりのパイルを受けましたので、ほぼ期待度どおりの結果となりました。

2009120323140000

11月に作った4:1バランは、「平衡(アンテナ側)ー不平衡(RIG側)」のバランでだったので、今度は「不平衡(アンテナ側)ー不平衡(RIG側)」のバランを製作しました。さっそく200Ωの抵抗を取り付けアンテナアナライザーで4:1バランの特性を測定すると、写真のように1.9MHz/3.5MHzでは文句なしの測定値となりました。ところが、7MHzを超えたあかりから急に特性が悪くなります。もしかすると、バランへの巻き数が多いのかもしれません。まぁ、ロングワイヤーで期待するのはローバンドですのでとりあえずは妥協することに。

さて、1月4日のオール兵庫コンテストで初めて実際に使用しましたが、ロングワイヤー用の接続端子がないオートアンテナチューナー(AT-200PRO)に約40mのロングワイヤーを接続しての運用です。

接続方法は、

①車のモービル基台のコネクターに4:1バランをMコネで取り付け。

②車内に引き込んでいるに同軸にアンテナチューナーを接続する。

③チューナー(AT-200PRO)は車内のRIGの上でボタン一つ操作!

えっ、チューナーは車内!?カウンターポイズ(アース)はどうするの?と思われるかもしれませんが、車のアンテナ基台にはボディーアースとマグネットアース1枚が接続されていますのでOK!そう、チューナーが結露や急な雨で濡れるという心配がなく、また車内がアース線でゴチャゴチャということがないのです。

もちろん、アンテナチューナーは車外に出した方が電波効率は良いのかもしれませんが、要はちゃんと呼ばれたらOK。同軸を含めたむずかしいアンテナ特性はアンテナチューナがすべて引き受けてくれますので、RIGからみたSWR特性は完璧です。これで、ロングワイヤー専用の端子がないアンテナチューナーでもロングワイヤーアンテナでの運用が簡単に可能となりました。もちろん、D.Pや八木アンテナなど同軸ケーブルで引き込んでいるアンテナにも対応しているので一挙両得です。

さて気になる実際の運用の結果は!?ほとんどアース効果が期待できない乾燥した山頂での運用でしたが、トラップD.Pとの同時聴き比べでは若干の差があったもののロングワイヤーでも十分呼ばれたのでそれなりの飛びを体感させてくれました。ロングワイヤーの最大の魅力はD.Pではアンテナの展開が難しい移動地でも簡単に設営・運用が出来ることですので、これからさらに使い込んでみたいと思います。

2010年1月12日 (火)

祝!データ復活

慌てて購入した「2.5 HDDケース」をよく見てみると・・・SATA仕様 これじゃダメだdown しかし復活には試練が続くなぁthink

ちょうど今日は公休日だったのでお買い物のと一緒にショップに行ってIDE仕様と交換してもらった。でも、ここで動かなければハード的な問題ということで手詰まりとなる。さぁ、どうなるでしょう(祈り)

Hdd

帰宅後、早速新しいPCにUBS接続する。ドライブとしては認識してくれたが、ファイルが壊れているということで開けることができない。
やはり、ここまでか・・・あきらめモードで「FINALデータ」を立ち上げて、認識してくれたドライブを指定すると!おっ、お・お!走り出したshine 時間はかかるようだが一つづつ読み込んでいっている。約一時間後、すべてのファイルの読み込みに成功した。あとは、ホルダーを一つづつ「復活」させるだけ。

見守るような気持ちで「復活」の実行を行うと、あっという間に新しいPCにデータが吸い込まれていく。諦めていたデータの復活だぁ!

時間はかかったが、ほっと気持ちは和らいだnotes

2010年1月11日 (月)

新規Lenovo君へデータ移行!がっ、しかし・・・

届いたLenovo君へデータ移行作業を開始しようと、だましだまし使ってきたx40からHDDを取り出して、USBで外部メディアとして認識させました。

さぁ、大事なデータからコピーを開始させようとファイルをクリックするとブルースクリーンimpactえっ!うそやろsweat01

再起動してもう一度認識させると今度はドライブとしても認識しないsweat02

最後の最後で、すねてもうたんやろうかdown わぁ、大事なデータがweep

2010年1月10日 (日)

その日突然Lenovo君がやってきた

今までのNotePCはThinkPadのx40

少し古いPCだけどシンプルでタフでなにしろキーボードのタッチ感がいい。HDD容量も少ないしCPUも遅いけどそんなにストレスはなかったし、軽く片手に会議や屋外の移動運用に大活用してきた。

しかし、突然ブルー画面になる頻度がふえて何よりもHDD容量がほぼ一杯になってきた。「そろそろヤバいなぁ」直感で感じたsweat01 最近はやりのイーモバイルとセットで購入すると初期投資?はとっても安くなる。ちょうど兵庫コンテストでもモバイルネットワークが欲しいと魅力を感じていた時。しかも、Lenovoの「IdeaPad S10-2」とのセットが売り出されていた。OSはWin7ええなぁup

Img_1333
9日にそう思い始めて10日のお昼にはもう手にしていた。すく届くんだね。  まぁ、一番使うアイテムだからいいかぁ~up

2010年1月 9日 (土)

福よ こ~い!

「年明けすぐの初詣」「七草がゆ」「えべっさん」「厄神さん」
これは我が家の年始から1月の年中行事でほぼ毎年かかさず行っています。

さて今日は「えべっさん」お参りにいくところは、すっかりTVの風物詩にもなっている西宮神社。そう、あの今年の福男を決める神事が行われる有名な神社で、今年も多くの人でにぎわっていました。

Img_1332  Img_1330

家族全員でお参りするという目的が一番ですが、神社周辺での多くの露店も楽しみの一つshine 無事にお参りが終わると、さっそく「とうもろこし」「ベビーカステラ」そして「福あめ」などの食べ歩きを楽しみました。

今年も、いっぱい福が来ますようにnotes