« 2010年2月 | メイン | 2010年7月 »

2010年6月に作成された投稿

2010年6月21日 (月)

KANHAMコンテストに参加しました(その2)

TSGの運用だが、毎回コンテストを経験するごとに上手なっている気がする。

Dsc_0014

時には、「Rちゃうやん!Lやん」思わずどなってしまいこともあるったが、その回数もずいぶんと減ってきた。何よりも本人がコンテストが一番楽しいと言ってくれている。まだ、コンテスト全体についての理解やイレギュラーな対応には完全ではないのでサポートは必要だが、できるだけ一人きりで対応するようにしてみた。

さて、先述の「WINDOM」アンテナだがこれがすこぶる好調!50MHZからバンドチェンジして7MHZを引続きTSGが運用していたが、好調にパイルがつづいていた。7MHZ専用のフルサイズD.Pと聴き比べついただくと、やはり軍配は7MHZ専用D.Pという結果になったが、このアンテナの魅力はハイバンド!いままでの長~いロングワイヤーではハイバンドの性能が今ひとつなので、今後もそう少し使い込んでみたい。

さて、思いのほか良く行ったアンテナ設営だが一つ大きなトラブルが発生した。それは「発電機」の不調。セルを引いて始動すると、エンジンはかかるもののすぐに止まってしまう。しかたなく、コンテストは終始、車載のバッテリーで運用することになってしまった。次回のコンテストまでには直しておきたい。

KANHAMコンテストに参加しました(その1)

兵庫県淡路市(JCC#2727) 城の瀬山から、参加し無事に戻って来ました。
今回も息子TSGがメイン(ジュニア部門)としてのコンテスト参加です。

天候も気になっていたのですが、前日の晩から現地に到着。少しの仮眠のあとアンテナ設営作業に取りかかりました。夏至が近いこの時期、早くから日が昇るので投光器も入らず早朝6時からのコンテスト開始でも楽に作業ができます。

今回のアンテナ構成で一番のハイライトは、(全長約40m)オフセット給電のD.P 「WINDOM」 今回はいつものATU+LWから変えての使用ですが実は実績もなく、ぶっつけ本番の投入です。前日に買っておいた電線を、一応セオリーどおりにCUTし、以前製作した4:1バランに接続!

Dsc_0021

この「WINDOM」について色々調べたのですが、どうもきちんと動作させるツボは「アンアン」にあるようです。コアに数回同軸を巻けば良いとのことですが、時間がなかったのでどうしようかと悩んだ末思いついたのが、写真の「バランとアンアン」 いえ、実はアンアンではなくコモンフィルターです。

上手くいくかどうかは設営すればわかる? 12mのポールのTOPに設置しアンテナを展開して測定すると!なっ、なんと3.58MHzでSWR=1.1 これは出来すぎだ!次の課題7MHZを測定すると、なっ、なんと6.98でSWR=1.1 21MHZ付近にはディツプ点がないものの、50MHZまでなんとなくディツプ点がある。 出来すぎだ!

本当にうまく動作しているのだろうか?半信半疑ながらも残りの設営アンテナ 50MHZ(F9FT)と144-1200(G.P)を設置する。

Dsc_0018

コンテスト開始の時間は少し過ぎてしまったが、TSGが50MHZからコンテストを開始し早速にもパイルが起こっていた。

(後半に続く)

2010年6月20日 (日)

KANHAMコンテスト

いよいよ今日、第一回KANHAMコンテストが開催されます。

これは、関西アマチュア無線フェスティバル(KANHAM)の15周年を記念として開催する初めてのコンテストです。

コンテストの特徴として、次のような特徴があります。

① 日本全国どの地域からでも参加が可能(ALLJA方式)
② HF(短波帯)は電話(PHONE)のみ電信(モールス)はV/UHFのみ
③ KANHAM記念局(8N3XV・8N3KHXV)・YL局・平成生まれの局・73歳以上の局は得点が5点
 
目指すは、だれでも気軽に楽しく参加出来るコンテスト!です。
また入賞局には、関西6府県の特産物が副賞で進呈されます。

ぜひ、皆さんふるってご参加くださ~い。

KANHAMコンテストの規約はこちらです。
KANHAMコンテスト規約

2010年6月19日 (土)

松原ARISS 始動開始

ずいぶんと更新をサボってしまいました。sweat01
今年の4月1日からは、変則勤務から通常日勤へと異動があり、長年「夜勤」がある勤務に慣れていた体が完全対応するまでは慣れてはきたもののまだリハビリが必要です。

さて、今日「松原ARISS」の第一回目の事前学習に参加してきました。

このプロジェクトは、関西ARISSプロジェクトチームでもある、JL3LJO岡本くんがプロジェクトリーダとしてするめるARISSスクールコンタクトで、高校生が地元の子供たちをサポートして進める形での開催を目指しています。
Dsc_0006
このプロジェクトの呼び掛けに多くの子供達が集まり、今日の第1回目のARISS事前学習を迎えました。
高校生らしい子供たちを惹きつける手法で、これから始まるARISS・国際宇宙ステーション・アマチュア無線についてゲームなどを取り入れながら事前学習会が進められました。
Dsc_0008_2
まだコンタクト開催日も全くの未定ですが、これからの活動が楽しみですhappy01shine