« RTC-58 大物になって帰ってくるんだぞ | メイン | 試作機でPCコントロールのテスト(BGARTC編) »

2014年12月27日 (土)

Welcome JA4BUA桒原さんから「評価機」が届く

なんと数日後にはJA4BUA桒原さんから「評価機」が届きましたhappy01

Img_1205

日本(世界?)のローテーター・コントロール・インターフェースのデファクトスタンダードになるDCモーター用の試作機ですshine

ここに来て2つ不安がありましたtyphoon
・テスター等でコントローラの不調と判断したけど本当にその判断は正しいのか。
・試作機とお聞きして、アマチュアの私がどこまで評価できるのか。

心配ではありましたが、早速1200FXのコネクターに繋いで「評価機」をテストすることに。

まずは外観から本当に綺麗な試作機です。そしてその軽さに驚きます。

電源を投入して、液晶のオープニング画面がとても映えてカッコいいです。
液晶画面のオープニング表示が終わると、アンテナの方向が表示されました。アンテナの方向はピッタリあっています。
いよいよスナップSWで「CW」「CCW」の方向に倒すとアンテナの表示方向角度がゆっくりと変化していきます。
暗闇の中のアンテナを室内から覗くと、静かにアンテナが回っているのを確認しました。

これまで1200FXのコントローラ内部のOリングゴムが劣化していたので、アンテナを回すたびに「キュルキュル」と内部から音がしていたのですが無音でアンテナが制御できることにしばらく感動していましたlovely

判断していたとおり、ローテータの不調はコントローラが原因であったようですdespair

さて、手動での動作は全く問題ないことがわかりました。次はいよいよPCからの制御です。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/457213/33104217

Welcome JA4BUA桒原さんから「評価機」が届くを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿