« 試作機でPCコントロールのテスト(BGARTC編) | メイン | お帰りなさーい RTC-58(改)そしてRCC-59_DCという彼女を連れて »

2014年12月27日 (土)

試作機でPCコントロールのテスト(Logger32編)

[BGARTC」での設定はすぐに完成し「Logger32」でも簡単に制御が行えるように思いましたshine

ところが、Logger32での設定は少し手こずりました。BGARTCでは簡単に表示させることができるのにlogger32ではなかなか制御できませんgawk

原因は無線機からのCAT信号が1つのため、「LPB2」という仮想ポートのソフトを走らせているため、Logger32の周波数表示などRIGコントロールと複合していたのが原因でしたsweat01
CATのポートRTTYのポートなど1つずつ整理していくと、Logger32でも無事にアンテナの方位を表示させる事が出来ましたscissors

LOGGER32の設定画面

Logger32

試しにちょうどパイルが始まっている「VU4KV」と入力すれば「Ctrl+A」でSHORT PATHの方向へ。反対方向であるLONG_PATHの方向も「Alt+A」のワンクリックです。

これは便利upでますますDXの追っかけが楽しくなりましたconfident

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.eonet.jp/t/trackback/457213/33104061

試作機でPCコントロールのテスト(Logger32編)を参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿