2014年12月27日 (土)

RTC-58を最大限活用する(その2)

JA4BUA桒原さんのHP 「ICT-Kuwa」の「PCでローテータをコントロール」で配布されているものが、自分の探し求めてているものだ!とここまで辿り着いたが、1200FXのようなDCモータをコントロールするものは「準備中・・・」とのことthink

ここは悩んでいるよりも、お聞きしてみようとJA4BUA桒原さんへmailで問い合わせをしてみたmail

①RTC-59とDCコントローラの組み合わせで1200FXがコントロールできますか?
②DCコントローラは配布準備中とありましたが配布いただけるご予定はありますか?

さて、お返事はいただけるのかと思っていると。すぐにJA4BUA桒原さんから返信がshine

>YaesuのG-1000DXAでは動作確認が終わっています。
>RTC-58は簡易版で液晶表示がなしで1200FXのコントローラーの代替に作成するのでしたら液晶表示は必要
>ProgramのVersionもRTC-58を頒布した1年前より上がっている

なんて嬉しいご提案でしょうupRTC-59+RCC-59_DCで1200FXがコントロールできるということがわかったのと同時に手持ちのRTC-58をそのまま活用できるなんて!
そして、試作品までお貸しいただける話をいただき大喜びの一日でしたlovely

2014年12月20日 (土)

RTC-58を最大限活用する

そうだ「RTC-58」があるから手動操作の微調整はできないものの、Logger32からアンテナそ制御すればいいやという考えまでは良かったhappy01

しかし、「RTC-58」は1200FXのリモート端子に接続して活用するものであり、インジケータが故障している状態では活用できないことにすぐ気が付く・・・punch やっぱり、インジケーターをメーカーに出さなくては!とつかの間の喜びであった。

せっかくPCコントロールができるのだから、ローター本体への出力もコントロール出来たら大きなインジケーターも不必要になるのになぁ~と思いながら、JA4BUA桒原さんのHPを眺めていた。

すると、そんな夢の思いを形にする基板が開発されていることを発見sign03

こっこれ!RTC-59と組み合わせて使うコントロール基板の配布案内shine

ところが、現在配布しているコントロール基板はACモータ用のもので1200FXはDCモーター仕様downDCモーター仕様のコントロール基板の配布はと探すとeye

あれれ「配布準備中」との案内sweat01

う~ん、うまくいきませんsweat02

エモテーター1200FXが不調に(その3)

ローテーターの不調がCCWの出力の出っぱなしという原因はわかりました。しかし基板を見るだけでは不都合箇所を特定することができません。回路図もないため、これはもうメーカ送りかなっと発送の準備を始めました。

そんな時、ふと1200FXにつけてあった「RTC-58」を思い出しました。

Img_1210

「RTC-58」とはJA4BUA桒原さんがPCのプログラムでローテーターをコントロールするインタフェースと配布されている「RTC-59」の簡易版として限定個数されたもので、たまため配布の情報を見て入手していたものです。

1200FXのリモート端子に接続すればUSB接続でLOGGER32などPCからコントロールできるというすぐれものですshine

そうやflairこれを使ってPCからアンテナの方向をコントローするればいいやんup

ところがそんなに簡単なものではなかったのです。つづくcoldsweats01

エモテーター1200FXが不調に(その2)

毎日正しく動作する機器が不調になると正直凹みます。

使用しているローテータは「エモト1200FX」インジケーターの不良ならまだしも、ローター本体の不良とならば取替えとなり、アンテナ工事が必要となってしまいます。

ローター本体かインジケーターか!不良箇所を見極めます。

まずはインジケータの内部点検。特に焼けたあとや断線も目視の限りではなさそうです。次にモータへの出力(1番・2番)にテスター当てローターへの電圧を確認すると、あれれ30vが出っ放しimpact強制的にCW側を押せば、マイナス電圧がかかります。

Img_1204_2

これでコントローラーが不調が確定しましたが、さてどうしましょうsweat02

エモテーター1200FXが不調に

すっかり、更新をサボっておりました。sri

タイトルにもありますローテータの不調をきっかけに、PCコントロール構築へと変身しました。その様子をレポートします。

今日も朝からDXの追っかけshine

Img_1203

いつものようにターゲットの方向へアンテナを回そうアンテナローテーターの電源を入れると、あれれ自然に反時計回りで南端へdownなんかおかしいぞsign02プリセットのSWかとリセットしても変わらないsweat01

強制的に右回転のSWを押せば右回転するのでどうもインジケーターが怪しいeye

出勤前の慌ただしい時間帯clock気になるけど、原因追求はこれから・・・。

さてお仕事!お仕事!

2014年4月12日 (土)

KANHAM2014 今年もスタートします

長らくBLOGの更新が滞っておりました。

今年も、KANHAM2014の記念局「8J3A」と「8J3XIX(移動する局)」の運用がはじまりました。

8j3a

例年、4月から週末はKANHAM会場となっている池田市民文化会館から一般運用が行われており、週末はお手伝いに来ております。

本日までの一般運用予定スケジュールは次のようになっています。

2014_8j3a.pdfをダウンロード

無線従事者免許をお持ちいただければ、記念局での運用が可能ですので、ぜひ遊びに来てください。

2012年5月30日 (水)

スマホに役立つアプリ 「AirDroid」

今ほとんどがスマホに変わりつつある携帯端末

本格的なスマホが出はじめた2年前、すぐに予約注文して手に入れたのがSONYの初代Expedia

携帯なのに携帯のMAILできずpout一般アプリをダウンロードして使うというあまりにもヘンテコなデビューではありましたが、予想通りアプリは急速に進化を続け、いま快適に活用しています。

携帯MAILはもちろんのこと、自宅MAILもアプリで見ることができるスマホは、画面は小さいながらもNETサーフィンができることもあり私の通勤時間の必需品ですが、携帯で撮った写真転送だけには不便を感じていました。

専用のケーブル接続やBluetoothでの転送アプリなど便利な機能はたくさんありますが、いざ行おうと思うと邪魔くさかったり転送まで時間がかかったりと、活用しきれていませんでした。

そんな中、先日教えてもやったのが自宅の無線LANのWIFI機能を使って携帯・PC間をLINKしてくれるアプリ「AirDroid」shine

Unnamed

携帯にインストールするだけで、PC側には何もせずサイトを開けるのみ。
解説もいらず、簡単にLINKさせることが出来ました。もちろんWIFIなので早い!

早速今まで溜まっていた写真などをPCに転送していますup

2012年5月13日 (日)

皆さんからのエールに感謝

まずは、皆様からのコメントに深くお礼申し上げます。

今回の一件をきっかけに、これまでのアマチュアの活動について深く考えるようになりました。そしてこれから本番をむかえるKANHAM事業に対して実行委員長としてこの気持のままで良いものかと真剣に考えていました。

この度の一件に関して経緯を説明しましたが、多くの方からコメントとしてまたMailでもたくさん意見をいただきました。内容は、励ましのエールなどさまざまで、もちろん中には厳しいご意見もありましたがその多くのコメントが今後の発展を願ってという内容でした。

皆さんからいただく「KANHAM楽しみにしています」というエールを読むにつれ、私の気持ちも変わって来ました。そして、これまで一緒にやってきたKANHAMをサポートしている皆さんにこれ以上のご心配をかけるわけにいきません。

これまで通り、ポジティブに行こう! 今はそんな気持ちです。

さて、今日も会場となる池田文化会館では、8J3Aの公開運用が行われています。これからのKANHAMイベント企画の話でもして盛り上がってきましょうかね♪

追伸:
寄せていただきましたコンテストに関するご意見は、できればKANHAMイベントのフォーラムの一つののテーマとして取り上げてみてはと考えています。議論という形ではなく今後の前向きな意見の場として開催出来ればと考えています。

2012年5月 9日 (水)

壁は高ければ高いほど・・・

何か新しい事業をはじめようとすると、壁に当たる。
壁が高ければ高いほど乗り越えた時の気持ちは!という思いで
今回も真摯に対応させていただきましたが、正直ほとほと疲れました。

この一件で、私には何らなんの嫌悪の気持ちもない面識のない支部長まで巻き込んだことに対し、正直、罪悪感で申し訳ない気持ちでいっぱいです。

立場上、気持ちとは裏腹な時も勇気も持って判断しなければならない時などありましたが、その時の最善の判断として自分にも言い聞かせ、取り組んできました。


しかし今、大好きであるはずのアマチュア活動でなにをやっているのだろう・・・
と真剣に考えています。

ここ数年、KANHAMの実行委員長を努めさせていただいてきましたが、
これだけ全国的な規模で大きくなったイベントですから進める上でのさまざまなトラブルや困難点は、楽しかった思い出と一緒にたくさん経験してきました。

しかし、気持ちがどこか今までと違うんです・・・。

KANHAMコンテスト中止への経緯について(その2)

今回の同時開催となる開催支部長宛のご挨拶に対するご返信ですが、「バンドの中が賑わえばそれで充分と思います」「JARL活性化、会員拡大のためにも関西アマチュア無線フェスティバル事業とコンテストのご成功を」と何県かの支部長からすぐにエールをいただきました。

コンテスト開催について挨拶を出すことについて賛否もありましたが、せっかくの開催できるだけトラブルや行き違いは避けたいという思いがありってのMailでした。結果として山梨コンテスト委員会から反対の意見が届きましたが、私としてはご案内することは良かったと思っています。(中止決定後 岐阜県支部コンテストからも反対のご意見をいただきました)

ただ、山梨コンテスト委員会の反対意見の中に「よってどうしても10日に開催するのであれば、混乱を避ける為に山梨コンテス
>トの時間帯だけは関ハムコンテストを休止して下さい」
という一文には正直がっかりしました。
同時開催におけるコンテストの混乱が反対理由だと主張されておられましたが、では、その日開催される他のコンテストはいいの?という思いが強かったためです。

また、中止にあたり最後に次のことをお聞きしました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
御存知の通り一年を通じて、ほぼたいていの土・日曜日はコンテストの開催が
ありますが、では山梨コンテスト委員会として新規(スプリン形式の開催ではなく
1日開催のコンテスト)のコンテストはどこで開催ができるとお考えでしょうか。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ご返答は、次のようにいただきました。

1日通してのコンテスト開催は可能かって事ですが、私達にはわかりません。ただ調べれば空いている日もあると思いますし、もし日程がバッティングしているようなら、かなり前から話し合って調整すれば可能だとは思います。

最後に
私としてもこのような結果になるとは思わず、大変残念な気持ちでいっぱいです。
ぜひ、今後もアマチュアの世界が広くそして楽しい世界であることを願ってやみません。